川村 怜

川村 怜
Ryo Kawamura

パペレシアル品川 / ブラインドサッカー日本代表主将

小学1年から少年サッカーをやっていたが、5歳のころぶどう膜炎を発症。7歳のころからその進行により視力が著しく低下した。中学以降はサッカーを離れ、陸上競技に取り組む。鍼灸マッサージ関係の資格取得を目指し、
2007年に進学した筑波技術大学で、ブラインドサッカーを始めた。
大学入学当初のころまでは弱視であったが、2009年ころにはかなり見えづらくなり、2013年には全盲と診断された。
2013年3月、日本代表に選出された初戦であるブラジルとの親善試合で、
代表初ゴールを奪う。3月20日、フットメッセ大宮で行なわれたこの試合で、川村は2点先行された後半終盤48分に、日本代表唯一のゴールを挙げた。
2014年の日本選手権では、MVPに選ばれる。
→メディア出演情報はこちら

プロフィール


出身地 大阪府
生年月日 1989年2月13日
身長 / 体重 170cm / 63kg
ニックネーム リョウ
ポジション/クラス FW,MF
利き足
靴のサイズ 25cm


所属・経歴


2007年〜2019年
Avanzareつくば
2019年〜パペレシアル品川

主な成績


2014
・インチョン2014アジアパラ競技大会(韓国) 2位
・IBSA世界選手権(東京) 6位
・日本選手権 ※MVP受賞
2015
・IBSAソウルワールドゲームス(韓国) 5位
・IBSAアジア選手権(東京) 4位
・クラブチーム選手権 ※MVP受賞
2016
・ネイションズカップライプツィヒ2016(ドイツ) 1位
2017
・IBSAアジア選手権(マレーシア) 5位

MEDIA


■フジテレビ『東京2020パラリンピック』ブラインドサッカー ハイライト 出演(2021/9/5)
■NHK 『東京2020パラリンピック パラアスリートの流儀』(2021/9/4)
東京パラリンピック ブラインドサッカー日本代表「歴史の始まり」
■毎日新聞 特集『東京パラリンピック』(2021/8/30)
ブラサカ川村怜「真剣勝負に障害の有無はない」 主将の熱い思い
■Esquire(エスクァイア 日本版)【#私の東京2020】(2021/8/23)
頂きを目指すアスリート | 川村 怜(ブラインドサッカー)
■テレビ朝日『GET SPORTS』出演(2021/8/15)
■NHK 『東京2020パラリンピック』
ブラインドサッカー川村怜って、何者!? ~ブラインドサッカー 川村怜選手~
■NHK 『東京2020パラリンピック 出場選手インタビュー』
ブラインドサッカー 川村怜
■【JFA100周年企画】川村怜選手(ブラインドサッカー男子日本代表)インタビュー(2021/8/6)
「パラスポーツ全体で戦う姿を見せることで、障がいに対する考え方が変わるきっかけづくりをしたい」
■日本経済新聞 特集『熱視線』(2021/4/4)
高い空間認知力 ブラインドサッカー・川村怜㊤
障害越えた真剣勝負 ブラインドサッカー・川村怜㊥
狙うはパラ「金」 ブラインドサッカー・川村怜㊦
■NHK 『ブラインドサッカー対決!川村怜 VS 宇佐美貴史』(2019/4/18)

お仕事依頼・お問い合わせはこちら

CONTACT